FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる夫と剣と魔法のファンタジー解説 世界の始まり

解説 世界の始まり
                                                                   /ヾ)
                                                                /,;;;/
                                                             __.  /,;;;/
                                                             ヽ^/,;;;/
                                                              ゝ -''ヽ
                         やる夫と剣と魔法のファンタジー                  /.::/.ゝー'
                                                                /.:://
                              ソードワールド2.0                   /.:://
                                                             /.:://
                                                              /.:://
                                                               /.:://
                                                            /.:://
                                                        /,;;//
                                                         ";;;;;;;
                                                            ;;;;;;;;
                                                               ;;;;;;;;
                                                               ;;;;;;;;;
                                                                  ;;;;;;;;;


919 : ◆R4xIzYzm3Y:2009/12/05(土) 09:31:18 ID:hmnpqml2
             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/0°   ヽハ  、 ヽ    めがっさ!
         〃 {_{\    /リ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|    埋めるための短編にょろ!
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   ちゅるやがいろいろ解説するにょろ
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


              /ヽ    _,
          /∧:}_ /イ}
        ,ィ : ^^: : : :^ヾV
     { { /: : : : : : : : : : :ハ      同じく解説役のわっちじゃ
       !: : :/: /{:ノリ^j ノl: |
        |: : :|: :| ○  ○Ⅳ
        |: : :|: :|ー>‐'ー1イ:|      今回はこの世界の始まりについてを解説するでありんす
         j: :.人_に{^)_,ノ)j/
   i{`ーz‐ヘ: : :{´ _(入j:厂
    `<__Y( ̄   `ヽ
       `⌒`ー‐'´ ̄


920 : ◆R4xIzYzm3Y:2009/12/05(土) 09:31:34 ID:hmnpqml2

          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ        この世界は【ラクシア】と呼ばれてるにょろ
       |i │ l |リ⌒     ⌒}_}ハ       かつて世界には三本の【始まりの剣】
        |i | 从 ●    ● l小N       ルミエル、イグニス、カルディアがあったにょろ
       |i (|ミ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ   ミ
       | i⌒ヽ j   (_.ノ   ノi|__/⌒)     この三本が自らの持ち主を求め生命を作りだしたにょろ
       | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.
       | ∧ 人l||l,三|:::::/l| |l||l 从
       |  l ( ⌒ ):::V::/ | ( ⌒ )


          |\       |\
          l lヽ`-‐ '´ ̄ ̄ヾゝヽ
            シ~ /" `ヽ ヽ ` `、l     それにより、人間が生まれたのじゃ
         //, '///|! !∥ ヽハ 、_V
         〃 {_{'´|」」 L|`ヽリ| l | i|     その後、いくらかの時間がたったころ
         レ!小l●    ● 从 |、i|    一人の人間がルミエルの存在に気づき手にしたでありんす
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    この者こそ【始祖神・ライフォス】であり
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !    この世界で初めて生まれた神となった
      \ /\| l>,、 __, イァ/  /│     ___
         /\/| | ヽヾ、 / {ヘ、__∧ |!    , ',´;.;.,r´
        `ヽ< | |  l丶× / ∥∥' |,、,. '";.;.;.;.ソ


921 : ◆R4xIzYzm3Y:2009/12/05(土) 09:33:47 ID:hmnpqml2

                  _,..---、,..-‐.、_
             ,..‐:':.:.:.:.:.:.:.:,:.':.:.:.:.:.:.:.:.:.`:ー...、
             /:.:.:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.、:.ヽ
           /:.:.:.:.:.:.,:.:./:.:.:l:.:,i:.:.: i: ',:.:.:',:.:.:.:.:.:.',:.:.:ヽ        彼はとても温厚だったにょろ
         . /:;:':.:.,:': :/: :.l:.:./l:.ハ:.:.:ト、:',:.:.:',:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.ヽ      .故に他の人々にも力を与えていったにょろ
        /イ:.:.:/:.: :i:.:./l:/ !'  ヾ:! ヾ!ヽ:.!ヽ:.:.: ::',:.:.:.:.:',      そうして、さまざまな神が生まれていったにょろ
         /'/:.:.:.':.:.:.:ハ/. !'__,,..-' ヾ ゝ、__゙:! ヽ:.: :l:.:.:.:.:.l
        l:.:.:.:.i:.:.:.:i'´ ̄           ̄`i: :l:.:.:.:.:.l      さらに人間の中にも環境に適応して
         l:.:.:.:.:ヽ: :l   __       _   l:.:.!: :i:.:.:l      エルフやドワーフ等の亜人種が生まれていったでありんす
        l:.ハ:',:.:.ヽ! -――-    -――- }イ:.:.:l:.:ハ!      .しかしお互いにいがみ合うこともなく、平和な時代だったのじゃ
        !' Ⅵ: :',`          i         i:.:.:ハ,' !
          { ミ,:.:',       .:|       ,':.:/ .}
           、ヽ,:.',        :!       ,':./ , ′       この時代を【神紀文明】と呼ぶ
           \ゝ',             ,':/メ
             ヾ:.、   ー ――    イイ/
              ヾ:i 、      ̄    イ:/ .'
                 :l ヽ      / l:'    予告から見てくれてた人久し振り
              ,-┤  `ー-'   ├-、
              / ゝ、           才  ヽ
             _,-'´i    `ヽ     ,-‐'    iヽ、_
        _,..-'´   .l   /`ーヽ   / -‐ヘ   l   `ー、_
  _,...-‐'"´       l   ハ O |   | 〃 ハ   l      `ー-、_
             【ライフォス イメージ図】


922 : ◆R4xIzYzm3Y:2009/12/05(土) 09:35:01 ID:hmnpqml2

      |\       |\
      l lヽ`-‐ '´ ̄ ̄ヾゝヽ     さらにしばらくして別の人間がイグニスを見つけたのじゃ
      シ~ /" `ヽ ヽ ` `、l     .その者もまた、剣を手にし神となった
     //, '///|! !∥ ヽハ 、_V     【戦神・ダルクレム】の誕生でありんす
     〃 {_{\|」」 L|/リ| l | i|
     レ!小l●    ● 从 |、i|
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
      |ヘ   {  } u .j // |
     | /⌒l、_ ̄__ (´ヽ.// i |     ___
  ;   | /  /ヾ、 / ∧ ∨ i |!    , ',´;.;.,r´
  ;  .|lTTTl l丶× / |TTTl i |,、,. '";.;.;.;.ソ


923 : ◆R4xIzYzm3Y:2009/12/05(土) 09:35:45 ID:hmnpqml2

                 _,.ィ'三三二ニ二三ミー 、、
               ,ィ'´ィィィィ彡三ニエニ二三ミミヽ
              ,ィf//ィ'ィ'ィ'ィ'/ィシ' ``ヾヽミミミヽミミヽ           彼はライフォスと違いとても好戦的で
              ノィ'//,'イ///,イ!lj/    l|lトミミミtゝ、ミ'、          .利己的な神様だったにょろ
            //イ{|{lh{lilililil|l| |i,'       li八ミヾ`ヽヽミ':、
                ハ{{{N、',',',、{((li| |l   ,.........||_!l|l|lトトゝミヽ丶、
                !|l{lトi、',ミミミ','ji|l|l!:||:.i /:.:.,:'ィリftiミkjljljlj|j|トミミミ≧ュ、、
                、ヾミミヽヽ',',}}l|:.||: | ,':.:.: ``lF彡ト'リl|l|l|l|lト、liトミ三ミミヽ    ライフォスと闘う軍団を作るため
                ハ',',}}}iトN|}|ljj|:.|!  !:.:..  |l {l|l{lリハトl|l|、}〉|  `ヾヽヽ   さまざまな実験を行った彼は魂に穢れを
.             ハリトミ',W八リノツ'.:.リ ,..、   |l  |トトWl|l|l|lNjljl|    ヾソ}  持たせることでより強い生物を作れることを発見した
.             {{{{{lリハリllツノ/.:.:/: '―'    '、.:リト、{{、',NNhト、    ノリ′
           ,)}W/}}リノ,イ:,、'_____,.メィリj}j>、{((NトV、  ,イjリ
.             イノリ//ハ}l//イ/` ―----― ´ /リノハノハトミヾミミミゝ、/ノ/    こうして【蛮族】が生み出されたのじゃ
             //イノハリノイノトi{、`:.:.‐;,-;,‐.:.:´ イツノ八トミミト`ヾヽ、ミ{{{/ー- 、
             {{{i{i{i{(({i{i{i|l|l|リハトi、,イi{,,,}iト、ィツ{fリイ ハliliトミヾヽ',iトミヾWト、  ヽ
          ,})})}lトiトl|l|l|l|| `ツノリ{{{M}}lリィfイヾ! LlLlレ‐=ミ)}lト}|l|liヾ'、ヽ、
       、__,.ノィメイト'、',',lililili|::..'´,ンiメ!ルイl/lイ八`/ {´ ̄/   W!,リリハ ヾミ、i}
       `ニ彡'´ 'リ ヾ',lNi|l:.:.:、 ´jツ ヾ'  / ,':: '、::/    ヾミ彡小、_, リ
   , - 、_,. -'´ / /|   ヾ',W  :.    / '  ,'::  ∨      X` ,ノ   '′
‐ '´     /  ,':|     ',iリ      .::ノ   /:::  /      ∧`ー-、
      /   /:::|      }ト、     /    ,':::: /        ∧、   丶、__
     /     /::::::|   ,ノノヾ、ヽ      /:: //:``丶、     ∧ヽ、
              【ダルクレム イメージ図】


924 : ◆R4xIzYzm3Y:2009/12/05(土) 09:36:15 ID:hmnpqml2


      |
      |
      |-‐ ̄ ̄`' ‐-,,        そして、ダルクレムは軍団を率いて戦いを挑んだにょろ
      |: /´ ゛ヽ::::::::::\       戦いは当初、ダルクレム側が圧倒的に有利だったにょろ
      |/      ヽ::: i:::ヽ      ライフォス側は戦う術を持ってなかったにょろ
      | -ー     l::: }::::: l
      |●     ヽレルi:::: |     .ところがダルクレムの部下が反乱を起こしたにょろ
      |⊃    ●゛i(⌒\     彼らもまた利己的でイグニスを盗み出したにょろ
      |  ,__,   ⊂ヘ iy   ゙i    それが次々と部下たちの手に触れさまざまな神が生まれたにょろ
      h   `´ _、ゝ,、ス\  )
      ミ}ーT゛ i ::::l| \>'
      |):゙i三|::ッ'l ::::l|t,,/
      |i:::∨ッ  l ::::l|::|


        /: : /: :.|     /: : : : : :/: : : : : : : : : : : \: : : :\
.        /: : /: : : !   /: : : : : : :/: : : :/: : : : : : : : : : ヽ: :ヽ: \
.         ,': : : : : : : i:  /: : : : : : :/:l: : : :|: : : : : : :\: : : : : : :l: :ド:ヽ
       i: : : : : : : :i / : : : : : : ,': :|: : : :|: : :l: :ヽ: : : ヽ : : l : |: :|  l|
       |: : : : : : : :∨ : : : : : : :ハ: :|: : : :|: : :| : ハ : :|_\:l : |: :l  ||
       |: : : : : : : : | : : : : : : : |: l: |: : : :|: : :|: :| | ;.イ∨从:∧/  リ
       |: : : : : : : : | : : : : : : : |: l: |: : : :|: : :|:八 j/Vィて㍉/ : !
.        i: : : : : : : :.| : : : : : : : l: :斗七:丁厂⌒`  fト::゚リ イ: : :|   これを機にライフォス側も反撃に出る
       l: : : : : : : :l : : : : : : : | ∨ィチてヾ     ゞ='^ | : : |   しかし多数生まれた神々を打倒することはできなかった
.        l : : : : : : : i:.: : : : : : :|Y圦iド:;イリ     、   } : : |   戦いはますます混乱をきわめたでありんす
         l: : : : : : : : : : : : : : : :Vヾゞ辷ン^      〉  /: : : |
        | : : : : : : : : ':, : : : : : : .            __   ′: : :|   そこで両陣営はさらなる力を求め
       ハ: : : : : : : :.い : : : : : : '. 、    < _/ イ: :l: : : :|   第三の剣【カルディア】を求めた
       l : '.: : : : : : : l:ハ : : : : : : ∨> 、_   /::∧: :l : : :|
       |: : l : : : : : : /: ∧ : : : : : : '.     丁ヽ::::/::∧ l: : :.|
       |: : | : : : : : /: /::∧ : : : : : : :    { 八::::/::∧:l: :│
        /: : :l : : : : //:::/::∧: : : : : : ∨   ∨ 《Ⅸ:::/:∧: :│
.       /: : :/| : : : /ノ :::::::::/::∧: : : : :l: |-─__》 V::/::∧ │
     /: : :/│: : 〃::\::::::::/::::|: : : : :l: |:\{{二¨7__V:::::::::ヽ |
    ./: : /  j: : /::::::::::::丶 ::::::::|: : : : :l: |  \ {{ ̄ }}ヘ、_::::::::\


925 : ◆R4xIzYzm3Y:2009/12/05(土) 09:36:34 ID:hmnpqml2

                   .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....
                 . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
               ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.         しかしカルディアは自らを戦いに
            .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.        使われることを憂い砕けちったにょろ
            .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..         .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.       こうして魔力の結晶と成り世界中に散らばったにょろ
          , .;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.      これが【マナ】となったにょろ
    ,. ; ,+X'∴゙.':;:;::;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.x ;、 、
   +:'、+     .:;:;:;:;.:.:.:.. .                      . ..:.:.:;:;:.   +、', 、
  ゙,∵,、      .:;:;:;:;.:.:.:.. .                      . ..:.:.:;:;:.   , +,∵
   ` ∴',+:; . , .:;:;:;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.    , +: ∵
      `'∵',+'∴; ,:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:, . , ;  + ;∵ '゙
         ` ' ∵',"+',x' ;,'∵,'∴,'+,ヽ;'∴,'+,ヽ;','+';,'∵,'∴, ∵ "
            .:;:;:;:;:;:;:.`^ ゙..゙  ^ ".:.: ^ ".:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.        こうして、双方ともに決着をつけられなくなった
               ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.         長い戦いの中でルミエル、イグニスともに行方不明となり
                 . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .          神々も傷を癒すために長い眠りについた
                   .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ    こうして戦いは終わり
         〃 {_{       リ| l.│ i|    人族と蛮族だけが取り残されたにょろ
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|
          ヽ|l ●   ●  | .|ノ│    しかしその後も数万年戦いは続いたにょろ
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |    文明が起こり、戦い、滅んでいったにょろ
          | /⌒l,、 __, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |


926 : ◆R4xIzYzm3Y:2009/12/05(土) 09:37:01 ID:hmnpqml2

              /ヽ    _,     神と人が共存した【神紀文明シュネルア】
          /∧:}_ /イ}
        ,ィ : ^^: : : :^ヾV     魔法を作りだした【魔法文明デュランディル】
     { { /: : : : : : : : : : :ハ
       !: : :/: /{:ノリ^j ノl: |     魔法の道具により栄えた【魔動機文明アル・メナス】
        |: : :|: :| ○  ○Ⅳ
        |: : :|: :|ー>‐'ー1イ:|
         j: :.人_に{^)_,ノ)j/     ・・・そして、現在の第四の文明
   i{`ーz‐ヘ: : :{´ _(入j:厂      アル・メナスが【大破局】で滅んでから300年
    `<__Y( ̄   `ヽ       まだまだ、人族の復興は始まったばかりなのでありんす
       `⌒`ー‐'´ ̄


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|   今回はこのぐらいにょろ
         レ!小l●    ● 从 |、i|   世界観的には日本風の剣と魔法のファンタジーにょろ
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !   次回の予定は未定にょろ
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│   アンコールがあれば別の解説もするにょろ
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |   その時はスモチとリンゴを忘れずに献上するにょろ
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


931 : ◆R4xIzYzm3Y:2009/12/05(土) 13:07:01 ID:hmnpqml2
え~と、次のスレはもう立てたほうが良いんでしょうか?


948 :名無しのやる夫だお:2009/12/06(日) 02:17:00 ID:KiOQApoM
2.0は同じ経験点でも慣れた人と初心者じゃキャラクターの強さがまるで違うのがなあ
前に尻尾付きグラップラーに「ちょっとこのレベルじゃ強すぎかなあ」と思って出した敵集団を瞬殺されました
リルドラグラップラー+テイルスティング強すぎ


953 : ◆R4xIzYzm3Y:2009/12/06(日) 22:43:04 ID:ZKzAY.Mw
     ./ニYニヽ
    / (0)(0)ヽ     リルドラ+グラップラー+テイルスイング
   / ⌒`´⌒ \   いい事聞いたっていう
  | ,-)    (-、.|
  | l  ヽ__ ノ l |    ニヤニヤ
   \  ` ⌒´   /


956 :名無しのやる夫だお:2009/12/06(日) 23:14:27 ID:Pk06uFj6
それだけ聞いてると無敵キャラなんだが欠点とかないの?


957 : ◆R4xIzYzm3Y:2009/12/06(日) 23:18:46 ID:ZKzAY.Mw
>>956
相手が一人だと意味ない
打撃耐性がある相手にも厳しい
魔法などに対する耐性もない(これはほかの戦士もそうだけど)


958 :名無しのやる夫だお:2009/12/06(日) 23:38:00 ID:ZxOwEdes
>>956
尻尾は素の威力が高くないから底上げしても一発一発はダメージが高くは無いし、
器用は低めだから公式オススメのスカウト+グラップラーだと戦闘外が不安。
雑魚を掃除したり多部位の敵には効果的だが、投げも無効だったりする強敵は鬼門。


埋め02
やる夫と剣と魔法のファンタジー まとめ
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク


銀河英雄伝説

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。