FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~第15話おまけ(3)「二人の過去(1)」

第15話おまけ(3)「二人の過去(1)」
1 :うにー ◆ATGd9ooecU:2010/05/03(月) 09:33:10 ID:LLnumwdQ
.

           __        __
        | ̄ ̄|   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   | ̄ ̄|
         ̄ ̄ー一´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ー一´ ̄ ̄
        _   | |  _,.- ‐ -、_  | |   _
      イ" `-,、._| |_,-´      `‐、| |_,.-´ ゛ヽ、
      |     ̄A l c h e m i_s t ̄     ノ    『 やる夫のアトリエ
       ゝ  ,-‐---‐‐‐-の  ,' `} ●~ O_ <     
      /,.-、 i,o/`l 〈~」Zr-、 , ' ^ l l l r-、 oヽl      ザールブルグの錬金術工房 』
     / { @´ r=t レ' 「.|0 l { v ゝ レ0 ノ/ヽl|\
    {   ヽ_/   l._,/\_,´、_,、_,、..__,.. `、|し'  }   世界観やアイテムの設定は
    (      ,-、_,--‐‐‐--の  ●~ O_     )  アトリエシリーズからお借りしています
    {   ,.-、 i,o r‐,~`の __  o.  l l r-、  |`l   }   一応エリーのアトリエから一年後と言う設定です
     ヽ { @´/| レ,'. l,r´= | /ヽ、.,l l_l 0 |_.! l  ,イ   原作キャラの一部もお借りしています
      `ヽ、_/o_, ' し、_゛, 、`'_|し-、. . _ ,、_,...ノノ"    
        `ー、_          _,.一´
            `ー、     ,.一´         
    _,,...、---‐‐‐‐‐‐‐ヽ、_, ´‐‐‐‐‐-------,...._
  <´   \ や る 夫 の ア ト リ エ/   `>
  ∠__,,.....--`- ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄‐´‐-、,....__>


673 :うにー ◆ATGd9ooecU:2010/05/18(火) 13:07:35 ID:q6tEAdLo
.
 15話おまけ(3)「二人の過去(1)」

  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::          :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::        / ̄Τ ̄\         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::            |l    |    l|             :::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::                  |l    |    l|                ::::::::::::::
 :::::::|                      |l    |    l|                   :::::::
    |                   / *|l__|__l|                      ::::    …それで?
    |                        .                         ::    一体どう言う嫌がらせだお
 __|       ============    .   /     /                      ::
  | |      || £ △ 〓 ||     .    :                              ::
  | |      ||==========||    +   /  *  /                        ::::
  | |      || §∇ Ω∧|| .   :   .   .             (二二二二)   :::::::
 [| |]     ||==========||  /   .   /   +         /二] /      ヽ :::::::::::::
  | |      ||Α▲⊿| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.   /       /―[il |       ...::::::::::::::::::::
  | |      ||======|                  |       /    | \_:::::::::::::::::::::::::::::::




                      . . .――. . .
                       . . :´: : : : : : : : : : : : : :`: : .
               . : ´: : : : :. :. :./: : :i: :`ヾ \: : : :.\
             . : ´ ´ : : : : :./ : : ': : : :| : : : : : : ヽ: : : :)ヽ
             . : :´イ: : :. :./: : :./: :. :.| : : : |! : \: : : : :. ー: :.:ヘ
          ̄  /:/: : : :/: : :./:.: :.:.イ:i:.:.:.小:. :. :.ヽ: : : :. : : : : .:.
          / : イ / : /: : /:i: : : /.|:|! : : | 、: : : : :. :. :.i : : : : :i
           / / / ': : :': : :.i/|_/ |ハ: : :.|  ヽ _iL: : |:. :.:i: : :.
         '.:/ ':.:|: : :|!:匕|「| :/ `{  、:.ハ ´ \{ヽ` |:. :.:|:.:.:i:..   嫌がらせ…?
            |/  |: :|: : :|l: : | xテ笊ミ   ヽ乂ィ笊伝ミy:ハ: :l: : ト、:..
            {'   |: :|: : 八: :|《 {うf:j::}      r':f:j:::} 》': : : :.!: :.l `\
              |: ハ: i:.小 :. 乂:::ソ       乂:::ソ ハ /: /):.:.|
              |:' 从:.:|: ヾ:.        '        ムイ:.:/イ∧乂
              八! ヾ : iハ        _      : : : イ ノ′
                   ∨: : ヽ          イ: :/}'
                   ハ: : 从:>      .< /: :i
                  人: :.| ヾ小 ≧≦ 小/: ヘ{
                      >乂:. :r'       ノイ \
                      / : : : : :| __   /:. :.: :.:\
                ...イ:. :. :. :. :. :|´__ `:/:.: :.: :.: :. :.\
                  ハ:i::|:. :. :. :. :. :.|´. :. . :.`/:.: :. :. :. :. :. :./ヽ
              | ヾ:.. : :. :. :. : :. : . : . :/:. :. :. :. :. :. //:.
              |  ヾヽ : :. :. :.ハ fテァ/:.: :.: :. :. :.//   |


674 :うにー ◆ATGd9ooecU:2010/05/18(火) 13:08:15 ID:q6tEAdLo
.
            __
         / ̄´   `\        街から近い森でウォルフ相手に悪ふざけをしたのも
        /          \      それをユキに見られたのも、やる夫の落ち度だお
       /    ィヘ、       ヽ
      /   /:::::::::::ヾ       ヽ    しかし、それをよりにもよってあのお喋りに…
     / |/:::::::::::::::::::::::\      ヽ   普段寡黙な癖に何で今回だけはっちゃけたんだお?
     { 〈:::::::::::::::::::::::u::::::>  /  イ   やる夫が何かしたかお 
      ト ゝ:::::::::::::::::::::::イ_∠_ィ_イ´
      イミ ー ̄フ二 ̄´_〆゛ゝ
      ん_ = ー三 イ、__─\



        _ - ───----- ,フ
      / r: : : : : : : : : : : : : . \
     ,.-′´`: : : : : : : : 、: :ヽ  . :ヽ
     /: :/: : : : : :./:   . .ヽ. :ヽ: : ヽ:ヽ
   /: : .l. . . . ..!./: :.l!: :l、: : l、: :ト:ヽ: ト. |   私…だけじゃない
    j:l: : :|: l: : |:l/: :/ !: ハ: .ハ孑、ト. :!ヽ   あの日は生徒達と材料採集の実践授業をしていたから
  /:_!: : :t: l: : !l: :./-∀‐ レ  ,ィホT、!|    他にも数名に貴方の架空呪文の詠唱行為を目撃されている
  .'´ .! l: : ヘ!: :l:ト/,夂〒`ヽr-{ ヒツlノ:ト
.     〉!ハ: {ヽ: T-弌ニツ ノ 、 ーj´:/    
    '´ ヽ!=ヘ ヘ   ` ´´  - .イ /
         ヽ:`T - .. _ / レ
         j \‐ - 、_!、__
         /      ヽ.jヽ     , 、
           l    _r ニ=、、 ヘ.',  __/  `ヽ、
           |  , 〃/ ̄`ヾミ.トr´r '       >- ' ¨ ´ `>、
.           ト, // /:::::::::::::::::ヽ::::Y     /      / /
        ∨/./::::::::::::::::::::::::l:::::l    /      / /
         ト、/!::::::::::::::::::::::::::l:::::ト、、/   _/、  ソ
            !::::::l::::::::::::::::::::::::::l:::::|  Y--ヘ´/::::::::}- ′


675 :うにー ◆ATGd9ooecU:2010/05/18(火) 13:08:56 ID:q6tEAdLo
.
        ィ-────-、
       /         ヽ
      /   i、____,、   ヽ
      /   /::::::::::::::::::::::::ト、  ヽ    ………まぁそれも自業自得だからいいとして
    /   |:::::::(__人__):::::\   〉
    |   、 k:::::::`⌒:´::::u:::/  /    ただ、何であちゃくらにそのことを話したりしたんだお?
    \_  \`\__ー‐:::_/ ィェイ
     イ⌒ー ̄三 ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ


―――――、=i|| |
========、/| .|| |
| | ||| | | |.l||゙ | .|| |
|_|_|||_|_|_|,|||.、 |=|| |
三三三三]| ,| .|| |     …格好良かったから
| 、.| || | | l||i.゙ | .|| |
|___|_||_|_|_|||  |=|| |
三三三三]| .| .|| |
|.| | |  |.、||| '' | .||/
|.|_|_|_|__|||  |=' 
三三三三]|, |  
_|  ||.| ||.l || . ,!  
_|_||.|_||」.||,/   
========'′   
.


676 :うにー ◆ATGd9ooecU:2010/05/18(火) 13:09:38 ID:q6tEAdLo
.
          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ   は?
    {      /::::::::::(●)ヘl 〉
     ヽ   | /::::(__人__):::::::} /
      λ_ゞ\ゝ、.`_⌒´__,/У
      Y(⌒)_|:::::::::∪:::::::::|/
     /::::::::::::/:|:::::::::∥:::::::/|
    ./::::::::::::/::§:::::::∥::::::::§
    /::::::::::::/::::::::::::::::::∥::::::::|



                    . . : : : ̄: : .、__
                  . . :´: : : : : : : : : : : : : : : :.`: : 、
                 . . :´: : : : : : : : : : : : : : : :\ : : : : : : \
           /: : : /: : : :´ : : : : : : : : : : : : :. : : : : : : )ヽ
          / /: : : :/ : /: : : : : : :i: : : : : : : : :. : : : ‐ ― :ヘ
        /: :.イ : /: :./ : /:. :.i:. :. :. :.|: : : : : :\:.ハ : : : : i : : : :.   呪文を詠唱しているやる夫が格好良かったから…
        ///: :/:.:.:.′:.i : : i| : : : : |: : :i: :. :. :.ヾ:|:. :.: :.:|: : : : :.
         /  / : :i: : :.|:. .:.|:. :.ハ: : : : ト、: :ヽ: \:. :.|:. :.: :.:|: : : :. :.   以前ヘルミーナ先生は 
            ′:イ: :. :.|:. .:.|! /__、: : :ハ_\_:ト : ヽ |:. :.: :.:| : i : : :.  「好きな人の素敵な姿は皆に伝えたくなるもの」
         |: / |:.:.i: :|:. :.:ハ′  \ ∧  ヾ  ヽ|: : : : :! /: :i: :i:.  そう言っていた…だからその通りにした
         |/ . l : |: :|:. :.|xテ云   \ 才示伝テ:! : : : : /Y:.l!: ト\
         {'  ハ: |l八: :.! 弋:rタ     弋:_r夕 | : : /イ } ハ:|
            }ハ: i:小    ,           イ:.:.:/  イ/ }'
             |ハ: ハ           / j: :/´ ∧:.i     私、何か間違えた…?
                    l:i : :..     ‐        イ: /i: イ ハ|
                 从 i: :.>.、       < / イ:ハ{
                    ハ: |    ー<     /' < ̄:.
                    ヾ|    }ハ   /:. :. :. :. : \
                           ノ} / :. :. :. :. :. :. :. :\
                          /:. :イ:. :. :. :. ´  ̄ ̄ `:. :.ヽ


677 :うにー ◆ATGd9ooecU:2010/05/18(火) 13:10:19 ID:q6tEAdLo
.
        / ̄ ̄ ̄ `\
       /         ヽ、
      /         _  ヽ    …え~とまぁ色々突っ込みたいところはあるけど…
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉  今ユキの話の中に出てきたヘルミーナ先生は 
     ヽ   | /:::u:::::::::::::::::::::::::} /  やる夫の知っているヘルミーナ先生で良いのかお?
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У   
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ


               _,-──- 、        了解した、先程の文章の補足をする
              /.: .: .: .: .: .: .: .: `\     今、私が話題に出したヘルミーナと云う人物は
           /.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:ヽ\    貴方の間接的な姉弟子に該当する人物で
          /.: .: . 人.: .: l.: .: :△.: .: .: .: ).: ',   私の恩師に当たる優秀な女錬金術士
            ̄ア.: ./ ̄>、_(\/ -、\ ト/.: .:.',   得意な分野は薬学で中でも劇薬の研究に特化している 
             {.: .;イ-f‐┬.  -f‐┬ ゝヾ.:|、:|   アカデミーを度々留守にしては
.            ヽ.:.:. j !::: リ   i::: リ |.:.:.:..| )/   調合の材料となるモンスターを狩ったり
            ∨:.|  ̄ 、    ̄   |.: .: |イ    正体が看破されにくい遠方の土地で
             l:人   .     ,l .: //    反倫理的な実験を行っている模様
              \.>、       _ ィ::ハイ:/     今年よんじゅぅ…
                    _>ェ-‐ ´  ト- 、
                ,-┤:.ll :. :. |_ ─-/:. :. :. ∥ァ、
           r'   〉:.:\ :..l==イ:. :. :..彳./  〉
            〉‐-、_l\:.\:.l :. /:.:/..:/ _ イ
            1 ̄  ト \:ミl:./>-' ̄┴-、 |
            |__,l 「:::≧>i/    二⊃ |
             |   ┴┴ '  ̄   _ニ '-┬
                |       -‐< ̄  li!   |


678 :うにー ◆ATGd9ooecU:2010/05/18(火) 13:11:00 ID:q6tEAdLo
.
        / ̄ ̄ ̄ `\
       /         ヽ、
      /         _  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ  おっとそこまで
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉  
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /  それ以降は下手にアカデミー内で口にしていい事項じゃねーお
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У   いや、ザールブルグ内の何処で話してもヤバイ気はするけど…
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ  しかし、あの人とユキがそんな話をねぇ…意外と言うか… 
     /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ



 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_      そうだろうか?
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´      誰にでも過去は存在する
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /       ヘルミーナ先生にも幼い頃恋をした相手が居ると聞いた
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '        そして私は…今、貴方に恋をしている
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、           ならばそのような会話が発生しても不思議ではない
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、


679 :うにー ◆ATGd9ooecU:2010/05/18(火) 13:11:46 ID:q6tEAdLo
.
            __
         / ̄´   `\
        /          \
       /    ィヘ、       ヽ    …ユキ、何度も言うけどお前のそれは恋じゃねーお
      /   /:::::::::::ヾ       ヽ     お前はあの出逢いを引きずり過ぎているんだお
     / |/:::::::::::::::::::::::\      ヽ   もう、10年は経つ…過去からは解放されても良い頃だお     
     { 〈::::::::::::::::::::::::::::::>  /  イ
      ト ゝ:::::::::::::::::::::::イ_∠_ィ_イ´
      イミ ー ̄フ二 ̄´_〆゛ゝ
      ん_ = ー三 イ、__─\



   '、
   ヾ 、             , -‐- 、
    ', ` 、      ,  ' ´      `ヽ、
     \  ` ""゙ ´              ̄ ̄`ヽ 、
      ヽ 、, '                      \
       /                      ヽ  ヽ
      / ´  ., , ' ´       ____       `,   ヽ
    /   /´    ,  ,     ´~   ヾ ー ,__   ',  `,
   / _/ /     ./  ',        、 \  `ヾ, 、 ! 、 `,     いいえ、これは紛れも無く恋愛感情
  / // /      /!   !        ヽ、 ヽ,ヽ、 \  ヽ ヽ    例え、やる夫であっても否定はさせない 
 l /  | ,!     , ./ |  l !、 ヽ、 ヽ    ヽ  ヽ ヾ、、ヽ, ', ヽ、 
 `  .| |    _!,! ,' | l  ', ,ヽ ヽ  ヽ \  ヽ  ヽ  ヾ、! ',',ヾ   それに、私なんかよりも過去に囚われているのは…貴方
    l /|  | `,才ト、| ト  ', ', \ヾ、  ヽ \ ヽヽ ',     ヽヽ'.、
    ヾ ヽ |  !汁ド、トハ  ヽゝ‐-ヾ-'=、__!_ ヽヽヽ ',    / } ',ヽ
       ヽ}', ', ン:::rリヾ\ ヾ -ー‐ヽ ヾ,} ヽ ', ', ゞr,!   /ノ ', !
       .i| ヽヽ` ー´   ``ヾ 斗云弐ミ=!,ヽヾ   ,ヾノ /.//   ',!
       ´', ヾ,ゝ  ノ     リ::::r〃"} ハ ',   ',Y /, {/
        ヽ ヽ         ` ̄´  / } 、   ',.}  ´
         \ |\ ヽ 、        / /.ハ   ',!
           `` \`´     , '´/ /  ',  i,!
               〉ー- ' ´   ´}´    ',! ,!


680 :うにー ◆ATGd9ooecU:2010/05/18(火) 13:12:34 ID:q6tEAdLo
.
          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ
    {      /::::::::::(●)ヘl 〉
     ヽ   | /::::(__人__):::::::} /
      λ_ゞ\ゝ、.`_⌒´__,/У   …悪かったお
      Y(⌒)_|:::::::::∪:::::::::|/      
     /::::::::::::/:|:::::::::∥:::::::/|       
    ./::::::::::::/::§:::::::∥::::::::§
    /::::::::::::/::::::::::::::::::∥::::::::|



              , -‐-'´ ー- 、._
         ,、' :   ,:-'´: : : : : :  :\_
        /: : :/: : : : : : : :   : : : : \
      ノ /:/ : /: : :, : : : : : :/: : :| : : : ヽ.
        ̄ノ': : :/: :/;.、=7;、イ;i: : |: |:: : 、:::ヽ
       ! !: : /|': :'´ ;/'iァz;、,'ト: :/;イ: : : }: i l
       Ⅵ :( .!: : : :{  `''゛' '|:/ハ /イ;ィ:/イリ
         ] : :>,| : : |      ィ)y'/;ィ:/
        ノヘ:|'; :|: : |    _  r./!' !'
        __ .|ヽヘ` | 、  ´, ィ':i/|    理解してくれたなら構わない
       /: :`丶、 `  {_´´l/リ
      /: : : : : : : \. ト ヽ、        けれど私は貴方に否定されたなら消えてしまいたくなる
      /;: ===: : : : : : L_\:ヽ_      それだけは覚えていて
          !     '、'、: : : : :ヽ、. !',
     /       ヽヽ、: : : :ヽ !: !
    / __  |  \\. : : y i
    r: : : : : : : : : ヘ   ヽヽ .: :i: h


681 :うにー ◆ATGd9ooecU:2010/05/18(火) 13:13:27 ID:q6tEAdLo
.

                            ●


                            ●


                            ●


                            ●


                            ●


                            ●



        ガチャッ…
:::::::::::::_______________:::::
::::::::::::|\\        .|:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
::::::::::::|:::::\\       ! :::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|::::
::::::::::::|:::,、::::\\      |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||\:::::\\    !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!::::
::::::::::::|:::||:::::\:::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     ||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|〔 !lll!     !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|______|:::::|::::
::::::::::::|:::\:: :: |::::|lll|     |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
 ̄  ̄:\:::\::|::::|lll|       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
::::::::::::::::::\::::`:::::!lll!     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::: \:::: !lll!     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::\|lll|       ::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::        :::::::::::::::
.


682 :うにー ◆ATGd9ooecU:2010/05/18(火) 13:14:13 ID:q6tEAdLo
.
 (  /         ____          ヽ __  ) |
.  ヽ|     ,. ,-r::T:「´  |::|:::,.zェェk`::T::l::r:-...、_    ├ '   |
.   |  ,..ィ::'::l:;zュ=+::|   |::l:´:「::::::「`゙:ト::|::|::;:::::::::l`ヽ、. |   |      あっ、やる夫様お帰りなさーい
   Y´::::|::l:;イ´::ハ:::|ハ   リ;::::|:;ィzェミ|::::|::l:,'::::::::::ト、:::::r'   |
    |:::::::|::l::::Vィ'ヽ`ヽ   ´ イ _)ヽ:仆;:|::l,':::::::::├-ミ::}   |      …ってあれれ? 
    |:::::::l:::´l { r-'::ハ::l       ら゚:ハ::} V ,'::::::::::::l:::::::::::l   |`ヽ    手ぶらみたいですけど…
    ゙l:::::::´:ヘ ゙ う;::::リ:l       {弋_:ソ:リ 'レ::::::::::::::l:--r‐{    |.:.:.:.    アカデミーの購買に
    |`TT`:',  辷Zソ ,    ゞ=ニン /:::::::::::::::ハ:::::|::::ト--┘.:.:.    国宝虫の糸を買いに行ったんじゃなかったんですかぁ?
    |::::l::|::::::}xx`´          xxxx /::::::::::::::,'ノ::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::、      __,.     /:::::::::::::::/::|::::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::::`:rー-....___ , ... _-ノ:::::::::::::::/::::::|:::::::|:::::l.:.:.:.:.:.:.ノ
    |::::l::|::::::::::::|:::::::::::::l,ィ';},. ' ´/::::::::::::::::;イ:::::::::|:::::::|:::::「 ̄ ´
    |:::::l:|::::::::::::|l:::::::/ノ´ /:::::::::::::; イ:::::|::::::::::|::::::|:::::|
    |::::::l|::::::::::::| V/'´ l /::::::::; ' ´  ハ::::|:::::::::::|::::::|::::|
    |:::::::ハ::::::::::| /´ノ |/::::::::/       }::|::::::::::::|::::::|::::|



.
     |;;;::|         ____
     |;;;::|        r'    i|   ヽ           _                _
     |;;;::|        |     i|     |.           |二二二二二二二二二二ニ|
     |;;;::|        |___l|___|        .   | |  ..::::::::::::::::::|~|ニ|≡|ニ|-||│
     |;;;::|        | ̄ ̄ l| ̄ ̄ |  .         | | ̄ ̄∥|::::::::|~|ニ|≡|ニ|-||│ あー…忘れてたお
 ..    |;;:::|        |     l|     |.           | 二二二二二二二二二二 |
:::::::..:...../;;:::\.       l二二二二二'l         .  | ||ニ|≡|=| :| .|=|:::|ニ| |∥|:::|│  
:::::::::/;;;;;;::::::::::\                      | ||ニ|≡|=|‐|¨|=|:::|.│|∥|:::|│ 
:::/─────\                   ,⊂⊃, | 二二二二二二二二二二 |
/_i__::::::....__i_i___ヽ                γ    ヽ| ||~|ニ|≡|:::|ニ|-||=|ー|::::|》|ll| |
_i__i:::::::...      ヽ‐───────‐‐‐|    ..:::il ||~|ニ|≡|:::|ニ|-||=|ー|::::|《|ll||  何か疲れてるみたいですね?
__i_i_,:::i__  ⊂⊃  l=<ヽ           ヽ、__,,ノ|_二二二二二二二二二二,_|   夕飯は軽くしますか? 
__i___,::::::::...         l ヽ\                 「l ̄i!   . .: : ::::::::::::::::::::::
         f⌒i   |  (_)                l」_i!      . .: .:::::::::::::
─────‐┴.┴─‐'                         ̄   l⌒i⌒l   . .: .:::::  ああ、頼むお…
                           __||__||____ ⌒'⌒
                          / .△ (__)     「b ヽ
                          /      ⊂⊃ 〈__〉 \   /⌒ヽ
                         /   l__「   φ ф  ヽ //´l |
                         |~l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l~| //  ̄l: ̄~|
                         | 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ~ | ∩  |
                         |_|               |_|  [======]    終 わ り


687 :うにー ◆ATGd9ooecU:2010/05/18(火) 13:45:57 ID:q6tEAdLo
.
       ,,-〃''¨゙゙~~""'''ー-i、_       
     .,,r'″           ~'=,、    
    ,r'゜ l〟  、、 ,,,ィ      `'r,,     モンスター
   _″  ,i、   ゙'~゙~.,i        `'t,    名称 ぷにぷに
  .,ヽ   ,l″     : il"         ヽ   その名の通りぷにぷにしている 
 ,l゙    ll″     .ll`         : ゙l,  水属性の魔法に強く炎属性の魔法に弱い 
.,l二',,,i、 .゙′     .゙"  ,,,,-r--,,、   : 《  倒すと稀に手に入る「ぷにぷに玉」はこの魔物の核となるもので
″   ._,,,,,。,v-v,,,,,,_   .゙‐'―←┘   .】  色々な錬金術アイテムの材料となる
、   ″      `゙゚゚''・+〟        l  妖精の行商人からも複数購入が可能だが
.゚x,、                     ,F  彼がどのようにしてぷにぷに玉を入手しているのかは謎。
  ~''―rvv,,,,,,,,,wvv,,。,,,.,,,,_       ._,,x″
                ゚゙̄"'''''''"'“”`   
.


689 :うにー ◆ATGd9ooecU:2010/05/18(火) 13:48:53 ID:q6tEAdLo
昨日行ったネットカフェでオートトレーサー弄ってきました。
AAを作れる人は改めて思いました。
しかしぷにぷにって本当に、ふぐりをつけるとやる夫になりますね…。


690 :うにー ◆ATGd9ooecU:2010/05/18(火) 13:52:30 ID:q6tEAdLo
>>689訂正
AA作れる人は凄いと改めて思いました。


697 :名無しのやる夫だお:2010/05/18(火) 14:55:43 ID:2eRqHbYw
       , -‐ ´ ̄ ̄ ̄` ‐- 、
      /            \
     / iヽ、  、  __ノ      \
   /   ,、      ̄,、         \
.  /   |l|       |l|         ヽ
  ,:    |l|       |l|          ヽ
と二つ  `′      `′  と二つ    ハ
/    ______             i
      ′          ` 、          |
、                             !
..\                      , ′
  `ー――――――――――――一'

>>687を更にかなり雑にトーレスしてみた。
AAにしたらますますやる夫っぽくなったなぁ。


699 :うにー ◆ATGd9ooecU:2010/05/18(火) 15:08:58 ID:q6tEAdLo
>>697 ありがとうございます!
それとこのスレを読んでくれてる方でリリー先生のAAお持ちの方いたら貼って頂けませんか。
ネットカフェでうっかり保存し忘れてしまったので…宜しければお願いします。


700 :名無しのやる夫だお:2010/05/18(火) 15:18:55 ID:lU/z/VNU

                      _____
                      /        `゙''ヽ、
                      」       , -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
                    /      /  ,  =====、ヽ__
                    /     (\´  /⌒ー─‐へヘ /厶ヽ__
                  /    (\\)// /  /    i |\ `ヽヽ
                 /     /\)// / 〃 /  / ハ ヽ  ヾミ
                 /    /  // / // /  / / ヽ  ii llヽ
                /   /  /`く_/ // //  /|/   || l || | レ'
                |  /  / / j  ̄二 ー‐、└- ' 〃   __||川儿,」
                |\/  / / !  ,,ィテヾミ       ,ィ≦二 j !
                     ∧    /|/ l   {{:{_ノ」`       {ヒ:jl`゙//
               / \_八 |乙|   ゞ= ′      ヾン //
              //  /   ヾ|≧!           i   /_}
              // / /   〃|了ト、     、___, '´  /ニ|
           / / / /       |〒| |\     ` --'′  /丁N
         / /  / /     // j| ||」  \    ~  /  |ヽ \
      / /   / /     // /| || ` ー--ヽ、___,.ィ'´   | | \ \
      / /     / /    / / | ||         ∥ |      l |   \ `ヽ、
   / /    /  l   く __/// | ||         ∥ |     l | | ヽ \  ``フ
 / /     /   |    /Y  / /  | ト------r宀ァ⌒ヽ、  ヽ! |  \ \` ̄ヽ
/  /       | /⌒ー┼|  / / ハ l       ヽ只!     ``Tヽ |   \ \_/
\_/       /     ||| /_/ /ハ ヽ     l l |     ヽ ヽ   | | ヽ ヽ
        /        !|ハ∧// ヽ       l l ヽ       ヽ \ トト、 ヽ 〉
      /            | || |         l lヽヽ       ヽ  ̄   \
     /             | || レ=======||─く二二二二\     ヽ
     /              │リ |⌒) (⌒) (⌒) ( ||丁 ヽ⌒)(⌒)___ヽ     〉
    |   i              V  レ'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  l   ̄ ̄      }   / /
    ヽ  !              ||             |           j  / /
     ヽ ヽ       /   ハ/           |       / /  /_/
      `匸> 、   /    _/ ヽ          / /     i    // / 〉
       / ̄``ヽ、  \_r'"´ ヽ  丶/         /__/_/⊥ ┴r 〒 彡  '" |
      /        /     ヽ  ` ー─┬ ニ、|__|__○ | 「i /    |
     /          /         ヽ   _ |○=」<>l ̄  |_| |/      l
     /       /          |´ ̄     |○≪l'"⌒ヽl>○ | | |         |


これでいいのん?


701 :うにー ◆ATGd9ooecU:2010/05/18(火) 15:34:56 ID:q6tEAdLo
ありがとうございます!
このAAが欲しかったんです!


708 :名無しのやる夫だお:2010/05/18(火) 17:35:51 ID:9bkuR8o.
雑だけどぷにぷにAA支援

                  ____
          , <´         >、
        /                \
       /                    ヽ
      ,'                      ヘ
     /                        ∧
    ,'             r-、         /ヽ.   ∧
    ,'             |゚:::.i         !゚:::.|    ∧
   ,'              l:::.。l         i:.。!   _∧
    !               ヘ._ノ       `¨ ,r ´ ) ',
.   l           _ = -.、´          ゝ≠´  l
.   |        ,r ´ . , ゙´            >、    i
    ',        ` - ´   >=---=≦´  )   /
    ',             /         彡´  V
    ヽ、            ヽ、     _> ゙ ,>´
      `<            ̄ ̄ ̄ ,> ´
         `   ー--------- ―´


第16話「錬金術士の在り方」前編
やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~ まとめ
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク


銀河英雄伝説

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。